the LOW-ATUS、大木伸夫、フルカワユタカが「唄」で競演 『語り-gatari-』レポート

このイベント、1アクト終わるたびに、「フルカワユタカさんでした」というふうにアナウンスが入る。それを受けての「発表会みたいですね。僕のときも言ってくださいね」というひとことからの「FREE STAR」で、大木伸夫のステージがスタートする。

初期の代表曲である「赤橙」や「アイソトープ」から2014年のシングル「世界が終わる夜」、2010年の「ALMA」など7曲をプレイ。2曲目に「赤橙」を歌い終わったときのMCでは「昨日まで、1000人以上入るところだと知らなくて。私服でいいかと思ってたけど、こんな大きなとこだって知って、セットアップを用意しました」。のちに登場するthe L0W-ATUSも「100人ぐらいのとこだと思ってた」とのこと。

the LOW-ATUS、大木伸夫、フルカワユタカが「唄」で競演 『語り-gatari-』レポート

Photo by Azusa Takada

the LOW-ATUSと言えば、3曲目、さだまさしが書いた山口百恵の1977年のヒット曲「秋桜」を大木が歌い、オーディエンスがすっかりいいムードになったところで、それをぶち壊すようにステージに乱入。大木のハットを奪おうとするなどの狼藉を働いて去るが、大木、慌てず騒がず、「大好きです、筋肉以外は」と返す。

「世界が終わる夜」「ALMA」と、10年代のACIDMANにとってとても重要なポイントとなった曲が続く後半では、リリックにこめた意志を言葉にしてから歌に入っていく大木。ラストの7曲目は、「ある人から電話が来て、『セッションやれよ』って」と、フルカワユタカを呼び込み、ふたりで

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2018年12月7日の音楽記事

次に読みたい関連記事「Dragon Ash」のニュース

次に読みたい関連記事「Dragon Ash」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「KEYTALK」のニュース

次に読みたい関連記事「KEYTALK」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ストレイテナー」のニュース

次に読みたい関連記事「ストレイテナー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。