ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ベスト・ムービー」トップ20

ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ベスト・ムービー」トップ20
ローリングストーン誌の映画評論家のピーター・トラヴァーズが今年一年の映画をランク付け。モノクロ回想ムービーから『ブラック・パンサー』、レディ・ガガの主演映画に「レディオ・ガガ」を歌ったフレディ・マーキュリーの伝記映画まで、今年の洋画ベスト20本を一挙公開。

2018年のベストムービーは、それぞれが新たな歴史を刻んだ。動画ストリーミングの大手Netflixは『ROMA/ローマ』でオスカーレースの主役となり、これからの映画鑑賞は配給方式に左右されないことを証明した。マーベルは『ブラック・パンサー』で多様性とブラックパワーを称え、世間にかつてない衝撃をもたらし、コミック系ムービーの可能性を広げた。あの作品をきっかけに――『アリー/スター誕生』『グリーン・ブック』『妻たちの落とし前』も含め――映画スタジオは不毛な時期を乗り越え、ようやくカムバックを果たすことができた。

また、新たな世界への扉も開かれた。『ファースト・マン』はニール・アームストロングとともに月へ飛び立ち、『Eighth Grade(原題)』はデジタルの世界に迷い込んだ13歳の少女の頭の中をのぞかせた。スパイク・リー監督は『BlackKklansman(原題)』で人種問題を取り上げ、アダム・マッケイ監督は『バイス』でアメリカ元副大統領ディック・チェイニーをこき下ろし、ともに過酷な現実を辛辣なジョークを織り交ぜながら描いた。『スパイダーマン:スパイダーバース』は、極彩色のアニメーションと社会的共生を盛り込んだストーリーで新たな革命を起こし、ドキュメンタリー『Wont You Be My Neighbor?(原題)』では、15年前に他界した子供番組の司会者ミスター・ロジャーズが分断するアメリカに良識を教えてくれた。ここに挙げる20作品はどれも世に一石を投じ、波紋を呼び、かつ観客を楽しませてくれた今年の最高傑作だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2018年12月16日の芸能総合記事

次に読みたい関連記事「小籔千豊」のニュース

次に読みたい関連記事「小籔千豊」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レイザーラモン」のニュース

次に読みたい関連記事「レイザーラモン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「しずる」のニュース

次に読みたい関連記事「しずる」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。