ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ワーストムービー」トップ10

ローリングストーン誌が選ぶ「2018年ワーストムービー」トップ10
米ローリングストーン誌の映画評論家のピーター・トラヴァーズが今年一年の映画をランク付け。前評判通りコケた続編や、大失態を演じたダークヒーローもの、史上最悪のギャングムービーなど、2018年のワーストムービー10本を一挙公開。

ヒドイ映画がここまで多いと、ケチをつける気にもなれない。だが、いまだにハリウッドは過去のヒット作の焼き直しや使い回しを続け、オリジナリティは興行成績を侵す疫病とみなして、避けて通ろうとする。その結果2018年のシネマコンプレックスには、見境なく登場する駄作に変に後押しされ、かつてないほど安全パイの作品であふれかえった。これはどこかで見たことがあるぞ、というデジャヴに襲われて思考停止になったこともあるはず。『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』や『インシディアスで 最後の鍵』、『パシフィック・リム:アップライジング』に『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』、『Super Troopers 2(原題)』『クローバーフィールド・パラドックス』『Sherlock Gnomes(原題)』『くるみ割り人形と秘密の王国』・・・たしかに、あるある。ザ・ロックは『スカイスクレイパー』でも『ランペイジ 巨獣大乱闘』でも基本的に同じ役だし、チャールズ・ブロンソンの『デス・ウィッシュ』をブルース・ウィルスがリメイクするとか、『オーバーボード』のゴールディ・ホーンをアンナ・ファリスが再現するとか、アニメ版『グリンチ』でジム・キャリーのおばかぶりにベネディクト・カンバーバッチが挑戦するとか、もうたくさんだ。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。