「CES 2019」今年注目された音楽関連の最新テクノロジー

AmazonエコーデバイスやAndroidで使用できるようになったばかりだ)。

アート教育のマストバイ、作曲ができる魔法のリング
「CES 2019」今年注目された音楽関連の最新テクノロジー

Shperos Specdrums/Credit: Courtesy Sphero

今年のクリスマスに子供たちがこぞってサンタさんにお願いしたプレゼントといえば、スター・ウォーズのR2-D2ロボット。その生みの親であるロボット玩具メーカーSphero社は、身体の動きで音を出すBluetooth搭載リング「スペックドラム」を発表した(もともとはSpherroが買収した子会社の製品なので、再発表と言うべきか)。Bluetooth搭載のリングを指にはめ、色分けされたエリアをタップすると曲が作れるという優れもの。Sphero社がライセンスビジネスから撤退し、教育玩具製品に注力してSTEAM教育(科学、技術、工学、芸術、数学)を支援すると発表して以来、初めて発表した新製品のひとつだ。

このリングには100種類以上の楽器をカスタマイズすることが可能。付属の色のついたプレイマット、または身の回りにある日用品をデバイスで触れるだけで、子供でもギターリフからドラムのビート、ピアノ曲まで、自由自在に作曲することができる。技術的には控えめだが、IT企業のシンプルな製品が情操教育の分野で大いに役立つという、好例だ。子供受けするのはもちろん、我が子をアート教育にどっぷり浸らせたいと願う親世代にもぴったり。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年1月13日のライフスタイル記事

次に読みたい関連記事「イヤホン」のニュース

次に読みたい関連記事「イヤホン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。