Red Velvet、横アリで日本オリジナル楽曲のリリースをサプライズ発表

Red Velvet、横アリで日本オリジナル楽曲のリリースをサプライズ発表
BoA、東方神起、少女時代などを輩出したSMエンターテイメント所属の5人組ガールズグループ、Red Velvetが1月29・30日の2日間にわたり、横浜アリーナにて初の日本アリーナツアーの最終公演を行った。

今回の公演「Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN "REDMARE"」は、昨年8月からスタートしたRed Velvet自身2度目となるコンサートツアー「REDMARE」の日本公演として行われたもので、福岡、神戸、横浜で開催され計4万人を動員。日本では、前回のホールツアーから規模を拡大した自身初のアリーナツアーとなり、1月6日に配信リリースされた「SAPPY」や「#Cookie Jar」、「Aitai-tai」など日本オリジナルの楽曲をはじめ、「Power Up」「Bad Boy」などRed Velvetのヒット曲とメドレーを含む日本オリジナルのセットリストで計24曲をパフォーマンス。遊園地をイメージしたカラフルなステージセットで、ファンタジーからミステリー、パレード、ホラーとそれぞれ異なるコンセプトでステージを彩り、楽曲ごとに毎回異なるコンセプトでファンを楽しませるRed Velvetならではの世界観でオーディエンスを魅了した。

Red Velvet、横アリで日本オリジナル楽曲のリリースをサプライズ発表


リーダーのアイリーンは、「今日、この会場に来ていただいたすべてのみなさんに本当に感謝します。前回はホールツアー、今回はアリーナツアーで皆さんにお会いすることができました。次はさらに大勢の皆さんに来ていただける公演ができるよう努力していきたいです」とコメント。さらに、2月20日には日本オリジナル楽曲となる「Sayonara」が配信リリースされることもサプライズ発表され、一際大きな歓声が上がった。2月8日のLA公演を皮切りに北米ツアーも控えるRed Velvet、今後もその動向から目が離せない。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年1月31日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。