「俺が一番悩んだ」マルーン5、スーパーボウル・ハーフタイムショーを遂行
拡大する(全1枚)
第53回スーパーボウルのハーフタイムショーは、マルーン5とトラヴィス・スコット、アウトキャストのビッグ・ボーイが共演した。ビッグ・ボーイはコンバーチブルに乗ってフィールドに登場し、トラヴィス・スコットは炎に囲まれながらラップを披露。

第53回スーパーボウルのハーフタイムショーにマルーン5が登場、「ディス・ラヴ」、「ガールズ・ライク・ユー」「シュガー」「ムーヴス・ライク・ジャガー」など、キャリアを網羅するヒット曲満載の期待通りのステージを見せてくれた。

『レッド・ピル・ブルース+(プラス)』をリリースしたばかりの彼らのショーは、レーザーの飛び交う中でキックオフ。ボーカルのアダム・レヴィーンが『ソングス・アバウト・ジェーン』からのシングル「ハーダー・トゥ・ブリーズ」と「ディス・ラヴ」をメロディアスに歌い上げた。続いてレヴィーンは聖歌隊をバックに「ガールズ・ライク・ユー」で場を盛り上げ、「ムーヴス・ライク・ジャガー」では興奮のあまりシャツを脱ぎ捨て、13分のステージを締めくくった。

「ガールズ・ライク・ユー」と「ムーヴス・ライク・ジャガー」にはそれぞれカーディ・Bとクリスティーナ・アギレラがフィーチャリングされているが、いずれのアーティストもハーフタイムショーには登場しなかった。

ハーフタイムショーでは、トラヴィス・スコットとビッグ・ボーイが参戦。マルーン5とつかの間の共演を果たした。スコットは炎に包まれながら、マルーン5をバックに従え「シッコー・モード」を披露。そのあとアウトキャストのビッグ・ボーイがオープンカーにのってフィールドに登場。ゆったりと「ザ・ウェイ・ユー・ムーヴ」を歌い上げた。アウトキャストの相棒アンドレ3000も一緒に登場するのでは、との噂も流れていたが、彼は現れなかった。