EXILE AKIRAが映像作品で己の表現にフォーカス EXILEの「繋ぎ目」であり「語り部」でありたい

EXILE AKIRAが映像作品で己の表現にフォーカス EXILEの「繋ぎ目」であり「語り部」でありたい
EXILEAKIRA自らがディレクション、企画、制作、編集、出演のすべてを手掛けた映像作品『THE FOOL MOVIE ~Raw to Refined~』が2月6日にリリース。その発売記念として、2月5日(火)代官山 蔦屋書店にて限定50名を迎えてのトーク&DVDお渡し会が開催された。

”THE FOOL PROJECT”と題し、昨年からパフォーマー/俳優/モデル/クリエイティブを融合させた活動を行ってきたAKIRA。ドキュメントムービーの他、海外でのプライベートショット、彼がディレクションを手掛けたオリジナルダンスビデオ(全6曲)など、”粗野から洗練へ”と成長を遂げた”表現者”AKIRAの現在(いま)が収められた本作への思いとは。その模様をレポートする。

―この作品はどういった企画で皆さんにお届けしようということになったんですか?

企画、制作、編集、プロデュースと書いていただいているんですけど、そんなに大ごとな感じではなく、もともとクリエイティブなことが好きだったんです。EXILE自体も、自分たち発信でいろんなエンターテインメントを作ったり、映像も手掛けるグループなので、10年以上EXILEで培ってきた経験をもとに、今回は自分で映像をディレクションして僕の世界観を楽しんでもらおうと思いました。同時に、3年間の充電期間を経て昨年にEXILEが再始動して、「EXILE LIVE TOUR 2018-2019”STAR OF WOSH”」というツアーまでの道のりがあったので、10年以上僕らと共にいてくれたファンの方々に、15人の”新生EXILE”の歩みを自分のフィルターを通して感じていただけたら嬉しいなという思いも込めて作らせていただきました。...続きを読む

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年2月12日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。