アヴリル・ラヴィーン、ニッキー・ミナージュを迎えた新曲「ダム・ブロンド」を公開

アヴリル・ラヴィーン、ニッキー・ミナージュを迎えた新曲「ダム・ブロンド」を公開
完全復活を遂げたアヴリル・ラヴィーンが、約5年ぶり通算6作目となるニューアルバム『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』のリリースに先駆け、最新シングル「ダム・ブロンド」を発表。人気ラッパー=ニッキー・ミナージュをフィーチャーした配信限定バージョンが公開された。

ここ数年、難病として知られるライム病と闘い続けてきたアヴリルだが、死をも覚悟したと語るその壮絶な闘病中に書き綴った復活のシングル「ヘッド・アバーヴ・ウォーター」では、《私は生きるために闘う》と力強く歌い、困難に立ち向かう人たちに勇気と希望を与えたことは記憶に新しい。そして、《バカなブロンド女》という偏見についてNOを突きつける新曲「ダム・ブロンド」は、社会のあらゆる偏見と闘う女性たちを力強く鼓舞するナンバーだ。YouTubeでは、ニッキー・ミナージュをフィーチャーしたバージョンのリリック・ビデオが公開されている。

実体験から生まれたというこの曲についてアヴリルは、「以前私のことを『ダム・ブロンド(ブロンドのバカ女)』と呼んだ男がいたのよ。私が自信や独立心を持っていることに彼はすごく恐れを感じて、逆に女だからって私を見下そうとしたり、抑え込もうとしたの。私は何かをやり抜く強さや情熱を持っている人間なのに、彼によってそれが申し訳ないことのような気持にさえさせられたわ」と語る。そして偏見と闘い、自分を貫く大切さを訴え、こう呼びかける。

「自分らしくあろうとするあなたを攻撃してくるような人には絶対に負けないで。立ち上がって、闘って。あなたらしさを貫いて。愛を忘れないで。偽らないで。優しさを忘れないで。そして本当の自分を見つけたら、堂々としていいのよ。偏見になんて絶対に負けないで。あなたが強い人間で、そんなあなたを扱いきれない相手なら、もっと自分自身に自信があって、あなたの人生をサポートして豊かにしてくれる誰かを見つけて。対等な関係で、友達にもなれる人を。そう、女同士で協力しなくちゃ、もちろん男性と女性とでも」。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年2月13日の音楽記事

次に読みたい関連記事「エド・シーラン」のニュース

次に読みたい関連記事「エド・シーラン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ケイティ・ペリー」のニュース

次に読みたい関連記事「ケイティ・ペリー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュース

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。