イヤーズ&イヤーズが語る日本での記憶とK-POP、ポップ・ミュージックの地殻変動

イヤーズ&イヤーズが語る日本での記憶とK-POP、ポップ・ミュージックの地殻変動
オリー・アレクサンダー(Vo)がもつ魅惑の歌声とカリスマ性、モダンな空気を吸い込んだエレクトロ・ポップで人気を集めるイヤーズ&イヤーズが3月7日に大阪、翌8日に東京で来日公演を行う。昨年は2ndアルバム『Palo Santo』で大躍進を果たし、フジロックでも逞しく成長した姿をアピールしていた彼らの最新モードとは。バンドの近況と来日公演の展望を知るべく、マイキー・ゴールドスワシー(B)とエムリ・タークメン(Syn)にメールインタビューを行った。

―昨年のフジロックでのステージは素晴らしかったです。ライブの感想や日本滞在時のエピソードについて教えてください。

マイキー:昨年行ったライブのなかでも、フジロックはお気に入りのライブの一つだったよ。景色は綺麗だし、オーディエンスのみんながとても楽しそうにしているのが見えたし、フェスのバイブスもすごく良かったからね。日本は僕のお気に入りの国の一つさ。エピソードといえば、初日の夜にとても小さなカラオケバーに行ったんだ。クイーンの「We Are The Champions」をみんなで熱唱したよ、すごく楽しかった。

エムリ:日本のオーディエンスはとても丁寧だけど、音楽が始まった途端、熱狂的に盛り上がってくれて最高だったな。あとはマイキーの言う通り、あのバーは楽しかったよ。バーのオーナーはドアをロックしちゃって、朝までウイスキーを呑みながらレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンとか

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年2月16日の音楽記事

次に読みたい関連記事「クリスティーナ・アギレラ」のニュース

次に読みたい関連記事「クリスティーナ・アギレラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「セリーヌ・ディオン」のニュース

次に読みたい関連記事「セリーヌ・ディオン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テレサ・テン」のニュース

次に読みたい関連記事「テレサ・テン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。