キース・リチャーズ、ソロ・デビューから30周年記念盤を発売 「大切なもの」を歌う名盤

キース・リチャーズ、ソロ・デビューから30周年記念盤を発売 「大切なもの」を歌う名盤
拡大する(全1枚)
30周年を迎えたキース・リチャーズのソロ・デビュー・アルバム『トーク・イズ・チープ』をローリングストーン誌がレビュー。キースのロックンロールのルーツをたどりながら、彼が過ごしたすばらしい時代を思い出させてくれる『トーク・イズ・チープ』デラックス・エディションだ。

80年代中頃、キース・リチャーズとミック・ジャガーの仲はバンド史上最悪でミック・ジャガーはソロ活動に目を向けていた。「ミックにはもう我慢できなくなり始めていた」とリチャーズは2010年の自伝『ライフ』に綴っている。1983年の『アンダーカヴァー』や1986年の『ダーティ・ワーク』が時代の流れについていこうとしただけのパッとしない作品であったことからも彼らの間にある亀裂を感じることができる。

1988年、リチャーズはストーンズのスケジュールの空き時間を利用して、ギタリストのワディ・ワクテル、キーボーディストのアイヴァン・ネヴィル、ドラマー/プロデューサーのスティーヴ・ジョーダンなど腕利きミュージシャンを揃え、ザ・エクスペンシヴ・ワイノーズと名付けたバンドとスタジオに入った。その作品の出来はすばらしいものとなった。それがソロ活動を当時まだしていなかった60年代を象徴する最後の1人とも言える彼のソロ・デビュー作であったということだけでなく、このアルバムでは彼のメインのバンドに欠けていたエネルギーが解き放たれていたのだ。ローリングストーン誌のシニアライター、デイヴィッド・フリッケはレビューで「”期待はずれ”の傑作」と書いた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ローリング・ストーンズ」に関する記事

「ローリング・ストーンズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク