アップフロントグループ主催のイベント、2日間にわたり幕張メッセで里山里海事情をPR
拡大する(全5枚)
モーニング娘。19 などが所属する芸能事務所アップフロントグループ主催のイベント「遊ぶ。暮らす。育てる。SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2019」が、3月30日、31日の2日間にわたり、千葉・幕張メッセ国際展示場2・3ホールにて開催された。

本イベントは、アップフロントグループが2012年から推進する地方創生プロジェクト「SATOYAMA&SATOUMI movement」の一環として、自然と共存する社会の大切さや、田舎暮らしの魅力をPRするもの。幕張メッセ国際展示場 1ホールでは「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019」が並行して開催され、2日間に渡り、トークショーや音楽、クイズなどのコンテンツを通して、最新の里山里海事情を伝えた。

30日のオープニングセレモニーには、モーニング娘。19、アンジュルムなどのハロー! プロジェクトグループのほか、矢島舞美らOGメンバーが集結し、「今日はみなさんと一緒に楽しく学びたいです」(高橋愛)と挨拶。また、同時開催のコンサート「ひなフェス」で「W(ダブルユー)」を復活させた辻希美は「あいぼん(加護)と13年ぶりにステージに立ちます。リハーサルでは距離感があったけど(笑)、がっかりさせないパフォーマンスをふたりで見せられたら」と意気込みを語りライブに臨んだ。

セレモニーの中盤には、環境省総合環境政策統括官・中井徳太郎氏が登壇し、自然の恵みを地域の活性化に生かす「森里川海プロジェクト」を紹介。さらに、最近話題の「SDGs」にも触れ、「環境と経済と社会すべてをよくするために、昨年4月に『地域循環共生圏』という考えを盛り込んだ。日本の森川里海を盛り上げて、SDGs を一緒に達成していきましょう」と呼びかけた。

この記事の画像

「アップフロントグループ主催のイベント、2日間にわたり幕張メッセで里山里海事情をPR」の画像1 「アップフロントグループ主催のイベント、2日間にわたり幕張メッセで里山里海事情をPR」の画像2 「アップフロントグループ主催のイベント、2日間にわたり幕張メッセで里山里海事情をPR」の画像3 「アップフロントグループ主催のイベント、2日間にわたり幕張メッセで里山里海事情をPR」の画像4
「アップフロントグループ主催のイベント、2日間にわたり幕張メッセで里山里海事情をPR」の画像5