Suchmos『THE ANYMAL』クロスレビュー 「音」と「思想」から迫る冒険作の背景

Suchmos『THE ANYMAL』クロスレビュー 「音」と「思想」から迫る冒険作の背景
Suchmosが3月27日にリリースした『THE ANYMAL』が大きな話題を集めている。そこで今回は、ロック~ブラック・ミュージック全般に造詣が深い荒野政寿(「クロスビート」元編集長/シンコーミュージック書籍編集部)と、編集者/ライターとしてデビュー当初からバンドを見守ってきた矢島由佳子によるクロスレビューを掲載。過去の成功にとらわれず、大胆不敵な進化を遂げたニューアルバムをそれぞれの角度から掘り下げてもらった。

彼らのルーツから読み取る変化の必然性
荒野政寿

アルバム完成前に大曲「In The Zoo」や「You Blue I」をいち早く披露、苗場を騒然とさせた昨夏のフジロックでのステージをしっかり観ておいて良かった。「STAY TUNE」目当ての”一見さん”が多かったであろうあのような場で、バンドの最新形を見せつける刺激的なショウを繰り広げたSuchmosは、その軌道から逸れることなく、『THE ANYMAL』という問題作を見事に作り上げてしまった。

すでに多くの人が指摘している通り、サイケデリック・ロックへの傾倒を大胆に進めた本作は、しかしそうした形容だけでひと括りにできるような、単に”トリッピー””スペイシー”なだけのアルバムではない。厭世観や逃避への欲求をあらわにする一方で、どうにも逃げ切れない現実のブルース(「In The Zoo」や「You Blue I」)、未来に対する漠然とした不安(「WHY」や「HERE COMES THE SIX-POINTER」)にも目を向けている。揺れる感情の機微を受信できるかどうかで、本作の印象は大きく変わってくるだろう。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年4月4日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。