アリアナ・グランデ、ポップカルチャーからの引用をちりばめた最新ツアーレポ

ショウの後半で、グランデはようやく初期2枚のアルバムを取り上げた。『ユアーズ・トゥルーリー』の中から「ライト・ゼア」「ユール・ネヴァー・ノウ」、間髪入れずに『マイ・エヴリシング』のバラード「ブレイク・ユア・ハート・ライト・バック」へ。高評価を受けている最新作と比べるとやや見劣りがした。メドレーの後は「NASA」。ここでアリアナは ”七輪指”と書かれた手のひらで、観客のハートをふたたびつかんだ。

アリアナ・グランデ、ポップカルチャーからの引用をちりばめた最新ツアーレポ

Photo by Kevin Mazur/Getty Images for Ariana Grande

会場の雰囲気が一変したのは、『スウィートナー』からの1曲「グッドナイト・アンド・ゴー」の時だった。彼女のお気に入りの英国人アーティスト、イモージェン・ヒープをイメージした曲だ。落ち着いて大人びた表情を見せていたスターは、とたんに取り乱した。彼女の声は震え、サビでは泣いているようにも見えた。照明が暗くなり、一人たたずみながらピット中央のサブステージで歌うグランデ。取り囲むファンが励ますように彼女と一緒に歌う。このあとグランデは再び衣装チェンジでステージを去り、「in my head」が大音量で流れた。彼女がこの曲をステージ上で歌うつもりだったのか、それとも単なる幕間の1曲なのかは分からない。いずれにせよ、グランデがステージ上で思わず感情をあらわにしたのは確かだ。ステージに戻ったグランデが、「ワン・ラスト・タイム」だったことからもよくわかる。マンチェスターの爆弾事件後、ファンにとっては応援歌のような1曲だ。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年4月4日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。