ラウドロック? ピコリーモ? 進化を続けるPassCodeの真なる姿

ラウドロック? ピコリーモ? 進化を続けるPassCodeの真なる姿
独自路線を開拓する孤高のグループ、PassCodeのインタビューをお届けする。

4月3日にPassCodeがメジャー2ndアルバム『CLARITY』をリリースした。前作『ZENITH』はラウドロックに振り切れた内容で、「PassCodeはアイドルなのか? バンドなのか?」という論争が巻き起こったが、『CLARITY』はそこからさらに一歩深く踏み込んだ内容となった。従来のラウドな路線を突き進むわけではなく、かといってアイドルらしいポップな作品になったわけでもない。様々なサウンドを盛り込みつつも、作品としてのクオリティは過去最高と言える。

ここまでくると、PassCodeを既存のジャンルに当てはめるのはもはや適切ではない。4人はPassCodeというグループとして、誰もが足を踏み入れたことのない領域へと突き進んでいるのである。

今回は今田夢菜と大上奈子の2人を迎え、最新作の話を中心に、去年開催された過去最大規模の全国ツアーの話、お茶の間までパスコサウンドの片鱗を届けることとなったDMM.comのCMの話など、グループの現在地について語ってもらった。

―まず、去年のツアー「Taking you out TONIGHT! Tour 2018」について聞かせてください。

大上陽奈子(以下、大上):一昨年の「ZENITH TOUR 2017」は壁を乗り越えるためのツアーだったんですけど、去年のツアーはそれよりももっとラフな感じで回れたと思います。初日の東京で「あ、このツアーは大丈夫だな」って思えましたね。追加公演を含めて全部で20本っていう今までで一番長いツアーだったので、全部が全部楽しいツアーっていうわけにはいかなかったんですけど、回ってよかったなと思えました。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月9日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。