水カンのサウンドプロデューサー「Kenmochi Hidefumi」 9年ぶりのソロ活動再開

水カンのサウンドプロデューサー「Kenmochi Hidefumi」 9年ぶりのソロ活動再開
水曜日のカンパネラのサウンドプロデューサーKenmochi Hidefumiが、前作『Shakespeare』から9年ぶりのアルバム『沸騰 沸く ~FOOTWORK~』をリリースする事を発表した。

自身の活動以降、水カンのメンバー兼サウンドプロデューサーとして活動していたKenmochi Hidefumiが9年ぶりとなる新作を5月15日にリリース、今作は全曲ジュークをベースに制作した全10曲入りの作品となる。また、アルバムに先駆けて4月26日には『沸騰 沸く ~FOOTWORK~』の中から3曲先行でデジタルリリースも予定している。

今回のリリースにあたり、TSUBASA RECORDS内で新レーベル「KUJAKU CLUB/孔雀倶楽部」が設立。元々これまでVJや映像制作の活動をしていたチームが、今回のKenmochi Hidefumiのリリースに合わせてレーベル機能としての活動もスタート。レーベル、マネジメント、映像や音楽制作など垣根を超えたチームとして新設された。

また、4月30日にはソロ活動に合わせてトークイベント「ケンモチヒデフミ、ソロやるってよ」をROCK CAFE LOFT is your roomで開催。アルバムの全曲解説など内容も盛りだくさんとなるようだ。

【本人コメント】
お久しぶりです。ケンモチヒデフミです。
長らくお待たせしましたが、前作より9年ぶりに自分の名義でアルバムをリリースする事になりました。長年に渡って手塩にかけてきた曲…ではなくここ最近の思いつきと勢いで作った曲達です(笑。ケンモチヒデフミらしさとジュークの面白さが不思議に混ざり合った、ユニークなダンスミュージックが出来上がりました。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年4月11日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。