インスピレーション源はサウナ、食品まつりが生み出すダンス・ミュージックの秘密

インスピレーション源はサウナ、食品まつりが生み出すダンス・ミュージックの秘密
電線愛好家として知られる女優、石山蓮華が気になるアーティストを毎回ピックアップ。今回は名古屋出身のトラックメイカー、食品まつり a.k.a foodmanに登場してもらった。

※この記事は発売中の『Rolling Stone JAPAN vol.06』に掲載されたものです。

近所の裏路地でクセのある個人商店を見つけたときのような胸騒ぎがした。

テクノ、ジューク、フットワーク、アンビエント、ノイズ……ジャンルを横断しながら作られる楽曲はどれを聴いても「食品まつり」独特の音だ。

2012年にNYのレーベル「Orange Milk」よりカセットテープ100本のリリースという超ニッチなデビューをし、昨年にはLAの「Sun Ark」よりアルバム『ARU OTOKO NO DENSETSU』とNYの「Palto Flats」からEP『Moriyama』をリリース。

さらに国内外のイベントに出演、七尾旅人やあっこゴリラなどとの楽曲制作など、活躍の範囲は広くて先鋭的だ。

「ウワ音だけのダンス・ミュージック」をイメージして制作された『ARU OTOKONO DENSETSU』のなかでも『337』はベース音を使わない、三三七拍子のユーモラスなダンス・ミュージックだ。この音楽はどこからやってきたのだろう。

「音楽始めたのが19歳の頃なんですけど、あんまり人に聴かせることもなく何となく楽しくやってました。中古のサンプラーを買ってゲップの音とか録音して、ギャギャッ、ギュギュッって。ボタンを押したら音が出るっていうのが単純に楽しかった。けれど、28歳くらいの頃は迷走してて。もうちょっとテクノ寄りの曲で自分なりにカチッとミックスとかもやってたんですけど、うまくいかなくて”やっぱスキルねぇな”って悩んでました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年4月13日の音楽記事

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュース

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビートルズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。