キース・リチャーズが語る、ソロ活動を通して実感したミック・ジャガーのありがたみ

キース・リチャーズが語る、ソロ活動を通して実感したミック・ジャガーのありがたみ
キース・リチャーズがリイシューされたばかりの1988年のソロLP『トーク・イズ・チープ/Talk is Cheap』を掘り下げつつ、このアルバムを作ったことでミック・ジャガーのありがたみを実感した理由をローリングストーン誌に語ってくれた。

1986年当時、ローリング・ストーンズの未来に暗雲が垂れこめていた。新作『ダーティ・ワーク』でのツアーを行う代わりに、ミック・ジャガーはソロ活動を始める。そのため、キース・リチャーズはずっとやってみたかった新たな挑戦をすることにした。つまり自分のバンドを組むことだ。そして、仲間を集めて組んだバンドをX-Pensive Winosと命名し、ケベックのスタジオに入り、メンフィス・ソウル、レゲエ、アーリーロックを融合させた作品『トーク・イズ・チープ/Talk is Cheap』を完成した。

「ストーンズのプレッシャーは感じなかったね」とリチャーズ。「かなり自由だったぜ」 『トーク・イズ・チープ』は発売30周年記念としてリイシューされた。リイシュー盤にはボーナストラックも加えられている。これはWinosがチャック・ベリーのピアニスト、ジョニー・ジョンソンと共演している楽曲で、リチャードの言葉を借りると「マジックだ。驚異的にロックンロールしているブギー曲」だ。このアルバムを作ったことで、ストーンズが再び集まったときにリチャーズはバンドを違う目で見られるようになったと言う。「ミックの視点をもっとありがたいと思えるようになった。特にステージでね。2つの最高のバンドに参加できたことは非常に素晴らしいことさ」 このインタビューでキースは不遇の名作『トーク・イズ・チープ』について深く掘り下げてくれた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年4月16日の音楽記事

次に読みたい関連記事「マドンナ」のニュース

次に読みたい関連記事「マドンナ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「カート・コバーン」のニュース

次に読みたい関連記事「カート・コバーン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。