『世界でいちばん悲しいオーディション』を振り返る「FUCK and FUCK」予約開始

『世界でいちばん悲しいオーディション』を振り返る「FUCK and FUCK」予約開始
WACKとSWの企画によるZINE『FUCK and FUCK』の最新号発売が4月30日に決定、本日より期間限定で予約がスタートした。

同号では、今年1月に公開されロングランを記録した映画『世界でいちばん悲しいオーディション』を徹底特集。監督・岩淵弘樹とプロデューサー・渡辺淳之介による対談をはじめ、2018年のWACK合宿オーディションに参加したモモコグミカンパニー、キャン・GP・マイカ、ペリ・ウブ、パン・ルナリーフィの座談会、同オーディションに合格した候補生たちによる同期座談会、バクシーシ山下やエリザベス宮地をはじめとしたカメラマン座談会が掲載される。また、今年3月に開催されたばかりの「WACK合宿オーディション2019」の密着レポートも外林健太による写真とともに掲載予定。

「FUCK and FUCK」は、BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiREを手がけるWACK代表・渡辺淳之介の発案により、WACK所属グループを初期から追いかけているライター/ 編集者の西澤裕郎が立ち上げたSWが編集・発行を行い発行するZINE。

今回の「映画『世界でいちばん悲しいオーディション』とはなんだったのか? Ver.」は1週間限定の予約受付となっており、前回に引き続きナンバリング入りの数量限定商品となっている。

「FUCK and FUCK」の販売はSWの通販サイトにて行われ、発送は4月30日以降順次行われる予定。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年4月16日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。