エリック・クラプトン、6年ぶりにエレクトリック版「いとしのレイラ」を東京で演奏

エリック・クラプトン、6年ぶりにエレクトリック版「いとしのレイラ」を東京で演奏
エリック・クラプトンは、2013年からこの曲はずっとアコースティックでしか演奏しなかった「いとしのレイラ」を、エレクトリック版を東京の武道館で唐突に披露した。

ここ6年間、エリック・クラプトンが演奏してきた「いとしのレイラ」はオリジナル版の対極と言える、アコースティックギターで奏でる贅肉を削ぎ落としたミニマルなバージョンで、これにはファンも少しがっかりしていた。クラプトンが1970年のデレク・アンド・ザ・ドミノスのクラシック曲のアコースティック・アレンジを最初に発表したのが1992年のMTV『アンプラグド』だった。またたく間にラジオ局で火が点いてヒットし、MTVでもアンプラグドの映像が繰り返し流された。しかし、ファン馴染みのオリジナル・アレンジ(アレンジとしてもこちらのほうが数段良い)をやめて、このアコースティック・アレンジをコンサートの定番として演奏するようになると、特別感は薄れてしまった。しばらくは両方のバージョンを行ったり来たりしていたが、ここ6年間はアンプラグド版「いとしのレイラ」しかプレイせず、オリジナル・アレンジが好きなファンを落胆させてきた。

しかし、4月13日に東京の武道館で行われたコンサートで変化が起きた。ついにクラプトンがアコギをエレクトリック・ギターに持ち替え、オリジナル・アレンジでこの曲を演奏したのである。その演奏を収録した動画はまだ多く出回っていないが、まずはYouTubeにアップされたファン撮影の動画で確認してほしい。このファン、明らかに興奮している様子で、ちゃんと撮影できるようにスマホの向きを変えることすら忘れている。しかし、サウンドもかなり良く、会場の興奮がしっかりと伝わってくる。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年4月22日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。