グレイトフル・デッド、バンド結成からウッドストックまでを網羅したグラフィック本が出版

グレイトフル・デッド、バンド結成からウッドストックまでを網羅したグラフィック本が出版
2020年初頭に発売予定のグレイトフル・デッドのグラフィックノベル本『Grateful Dead Origins(原題)』は、初期のバンドの足跡が網羅されており、未発表曲を収録したアナログ盤LPが付録されるという。

グレイトフル・デッドはZ2コミックスとタッグを組んで自伝的なグラフィックノベル本を制作することになり、未発表曲を収録した付録レコードと共に2020年初めに出版される予定だ。

このグラフィックノベル本『Grateful Dead Origins(原題)』はバンドの初期のキャリアをフィーチャーしており、コメントによると、彼らが「バーで演奏するバンドから、伝説のWarlockコンサートを経て、独自のサウンドを生み出し、ジャムバンド・カルチャーの始祖となるまで」を、クリス・ミスキーウィックツが執筆し、ノア・バン・サイバーが漫画を担当すると言う。

「クリスとノアはデッドの繊細さをしっかりと捉えた文章と画をすでに作っており、バンド結成の1965年からウッドストック出演までの初期のグレイトフル・デッドが、ページをめくるたびに活き活きと登場する」と、グレイトフル・デッドの公文書保管人デヴィッド・レミユーが語った。そして「デッドの歴史と源泉をとても深く掘り下げて調査した才能あふれる2人のアーティストと提携できたことは幸せ以上のものだ」と続けた。

『Grateful Dead Origins』のデラックス版はハードカバーで、同書に登場する年代に作られた彼らの未発表曲から厳選した楽曲を収録した特別LPが付録としてつく予定である(まだトラックリストは発表されていない)。さらに、同書のクリエーター2人のサイン付きアートプリントも3枚つく。ソフトカバーの標準版も発売される予定で、これには同時代のグレイトフル・デッドの音楽ダウン

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年4月23日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。