ウッドストック50周年記念フェスの中止が決定

ウッドストック50周年記念フェスの中止が決定
拡大する(全1枚)
伝説の音楽フェスティバル「ウッドストック」の50周年記念として行われる予定だった「ウッドストック50」の中止が決定した。「このフェスティバルが、ウッドストックのブランド名に見合うイベントではないと判断した」というのが資金提供者たちの意見だ。

オリジナルのウッドストックに出演したバンドやミュージシャン以外にも、ジェイ・Z、マイリー・サイラス、デッド&カンパニー、ザ・ラカンターズなどが出演するオールスターのラインナップが3月初めに発表されたが、その時点でチケットの発売は保留されていた。そして4月のアースデイに発売予定となっていたが、その直前に許可申請の問題で発売延期が発表された。

しかし、4月29日に同フェスティバルの主要投資会社の一つである電通イージス・ネットワーク(電通の子会社)が、ウッドストックの共同創設者マイケル・ラングが計画していたウッドストック50は中止されると発表した。

電通イージス・ネットワークの声明は「企業にとって象徴的なブランドと手を組んで意義のあるムーヴメントに参加することは夢といえる。当社には、共通の興味や問題意識を持つ人々を集結させて、彼らに素晴らしい体験を提供してきたという輝かしい歴史がある。これこそが、ウッドストック50周年記念フェスティバルに関わることを決めた理由だった」で始まる。

同社の声明は続く。「しかし、これまで同フェスティバルに深く関与し、膨大な時間と労力を投じてきたが、我々はこのフェスティバルがウッドストックのブランド名に見合うイベントではなく、出演アーティストたち、パートナーたち、観客の健康と安全を確保できないと判断した。その結果として、慎重に熟考を重ねたのち、ウッドストック50のパートナーである電通イージス・ネットワークのアンプリファイ・ライヴは、このフェスティバルをキャンセルするに至った。非常に難しい決断であったが、全関係者が慎重を期して至った決断だと確信している」と。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク