『ボーイズン・ザ・フッド』の故ジョン・シングルトン監督、本人や共演者の発言から見る人生の歩み方

『ボーイズン・ザ・フッド』の故ジョン・シングルトン監督、本人や共演者の発言から見る人生の歩み方
アメリカ時間4月29日、『ボーイズン・ザ・フッド』『ローズウッド』『フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い』といった作品を手がけ、オスカー史上最年少、それもアフリカ系アメリカ人で初の監督賞にノミネートされたジョン・シングルトン監督が亡くなった。享年51歳だった。

シングルトン監督は脳卒中となり4月17日に入院、その後昏睡状態に陥った。遺族が出した声明によると、彼はただちに集中治療室に移されたという。「非常につらいご報告ですが、私たちの愛する息子で父親、そして友人だったジョン・ダニエル・シングルトンから、生命維持装置を本日撤去いたします」と遺族は声明で語った。「家族にとっては苦渋の決断でした。何日もかけてジョンの担当医とも話し合いを重ねた末の決断です」

1993年の『ポリティカル・ジャスティス/愛するということ』に出演したジャネット・ジャクソンは、Instagramで故シングルトン監督についてこう記した。「私に映画デビューのきっかけ、初めてのオスカー・ノミネーション、その他いろんなことを与えてくれたのはあなたです。本当にありがとう、作品を通して世界にたくさんのことを残してくれました。ブラック・カルチャーや女性、そして若い映画監督にも尽くしてくれました。ジョン、寂しくなるわ。ご遺族の皆さんに心からお悔み申し上げます」

エイヴァ・デュヴァーネイはTwitterで、シングルトンが与えた影響とレガシー、とくに黒人の映画監督に対する貢献をこのようにまとめた。「今どきこういうことができる人間はそう多くありません。俯瞰的にみればごくわずかです。彼はその中でも突出していました。親切で、一生懸命で、才能に満ち溢れ、彼の作品は常識を覆しました。彼の作品は世間に一石を投じました。多くの人から惜しまれ、この先もずっと語り継がれるでしょう。ジョン、ありがとう」

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年5月2日の映画記事

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。