[ALEXANDROS]川上洋平、アメリカ映画を語る

[ALEXANDROS]川上洋平、アメリカ映画を語る
年間150本以上のもの映画を鑑賞するという映画好きの[ALEXANDROS]川上洋平。バターたっぷりのポップコーンと映画館を愛する彼に、幼少期から現在に至るまでの自身の映画ヒストリーと偏愛する「アメリカ映画」について語ってもらった。「たくさんの人を喜ばせてくれる映画が好き」という川上洋平の映画哲学を紐解こう。

※この記事は2018年9月25日に発売されたRolling Stone Japan vol.04に掲載されたものです。

映画は自分が「主人公」になれる感覚が味わえる

ーこのインタビューでは川上さんと映画、特にアメリカ映画がお好きだと伺ったので、そのあたりについてお話を聞いていきたいんですけど。一番最初に観た映画って覚えてますか?

えーと、『バットマン』(1989年)ですね。ティム・バートン監督、マイケル・キートン主演の一番最初のやつです。TVで予告が流れていて「めっちゃカッコいい!」ってテンション上がって、親にせがんで連れていってもらいました。キム・ベイシンガーのセクシーなシーンもあったんで……いいのかなぁ、と思いつつ(笑)。親もよく連れて行きましたよね! ウルトラマンとかドラえもんが最初の映画って人も多いでしょうけど、僕は『バットマン』でした。

ーそれ、おいくつぐらいのときですか?

小学校一年生ぐらいかな? 全然ストーリーとか理解できてなかったと思うんですけど、怖がりながらも、とにかく面白かったのを覚えてます。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年5月13日の映画記事

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。