BAND-MAID、即完の"メイドの日"ワンマンで新曲2曲含む全23曲をパフォーマンス
拡大する(全4枚)
BAND-MAIDが、"メイドの日"である5月10日、東京・TSUTAYA O-EASTにて毎年恒例のワンマンライブ「BAND-MAID presents冥途乃日」を開催。新衣装を身にまとい、新曲2曲を含む全23曲を熱演した。同公演のレポートを掲載する。

チケットは即完売し、超満員となったO-EASTには開演前から異常な熱気が漂っていた。SEが流れ、新衣装を身にまとったメンバーが登場すると、会場から大歓声が上がる。2019年1月12日に開催した前ツアーのファイナル公演以来のバンドセットでのワンマンライブは約4ヶ月振りとなり、会場のご主人様・お嬢様は溜め溜めたフラストレーションを吐き出すかのようにハイテンションなお給仕が序盤から展開されていく。

オープニングナンバー「FREEDOM」のイントロとともに、「渋谷、声出せるか!」と彩姫(Vo)がアグレッシブに煽ると早速、フロアはお祭り騒ぎとなり、今年で3回目となる"メイドの日"お給仕のスタートを切った。その後も「Screaming」やTVアニメ「遊☆戯☆王VRAINS」エンディング曲に抜擢された「glory」などのアッパーなロックナンバーを立て続けにパフォーマンスし、会場を盛り上げていく。

ここで、小鳩ミク(Gt/Vo)が「おかえりなさいませご主人様・お嬢様。ようこそBAND-MAIDのお給仕へ!」の定番の挨拶を挟み、インスト楽曲「without holding back」を投下し、勢いのままお給仕中盤へなだれ込んでいく。「secret My lips」が演奏し終えると、突如、SEが流れ出し、彩姫が「みんな、歌って。」とご主人様・お嬢様にシンガロングを促す。"woh woh"と会場にシンガロングがこだますると、そのまま新曲「endless Story」に突入する。「endless Story」は、BAND-MAIDの新境地とも言える、壮大なミディアムロックナンバーで、ステージとフロアがシンクロし、完全なるスタジアムロックが誕生した瞬間だった。息もつかず、そのまま「Choose me」「Bubble」と言った人気ナンバーで攻め続けると、会場のボルテージも最高潮に達した。

この記事の画像

「BAND-MAID、即完の"メイドの日"ワンマンで新曲2曲含む全23曲をパフォーマンス」の画像1 「BAND-MAID、即完の"メイドの日"ワンマンで新曲2曲含む全23曲をパフォーマンス」の画像2 「BAND-MAID、即完の"メイドの日"ワンマンで新曲2曲含む全23曲をパフォーマンス」の画像3 「BAND-MAID、即完の"メイドの日"ワンマンで新曲2曲含む全23曲をパフォーマンス」の画像4