気候変動がメンタルヘルスに与える影響、米国内のケースをレポート

気候変動がメンタルヘルスに与える影響、米国内のケースをレポート
2017年9月、米サンフランシスコで41.1度という記録的な猛暑を迎えたとき、精神科医のロビン・クーパー医師は患者の一人がめまいと発熱を訴えたのを聞いて、初めてそれを知った。

その患者はある日、通気性の悪い仕事場で卒倒したという。緊急救命室のドクターはウィルスの感染を疑った。だがクーパー医師は、彼女が処方した薬は熱に反応すると麻薬のような作用を起こすことがあるのだと、患者に説明した。統語失調症や双極性障害などによく使われる抗精神病薬は、人体の体温調節機能を損なう場合がある。これが、気温とともに統語失調症の患者の入院率が急増する理由のひとつだ。「患者には、猛暑の際はこれらの薬が害になることを覚えておくように、と伝えました」とクーパー医師。「もう原因が分かったので、次からは大丈夫でしょう」

世界中で気温が上昇する中、「次」が起こる頻度はどんどん高くなるだろう。薬と熱の化学反応が引き起こす危険は、気候変動がメンタルヘルスに及ぼす影響の懸念が高まっている理由のひとつにすぎない。2018年後期に公表された政府主導の第4次全米気候調査では、気温上昇、異常気象、海面上昇によって引き起こされる現象のひとつに、メンタルヘルスの問題とストレスが挙げられた。「この2年間、気候変動の問題に目が向けられています」と言うのは学術誌Traumatologyの編集長で、トゥレーン大学の防災対策アカデミーの主任を務めるレジー・フェレイラ氏。「災害がトラウマを引き起こすことは知られていますが、気候変動によって災害は深刻化しています。災害悪化の原因に目を向け、事前に予防策を練ることが必要です」

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年5月20日のライフスタイル記事

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。