[ALEXANDROS]の強度を支える白井眞輝「ギターが減っても、その中で主体性を持って何ができるか考える」

自信をなくした時期とか苦労された時期の呪縛

ー「研ぎ澄ましていかないといけない」とか、そういうストイックなことを考えてしまいますよね。

そうです。甘い考えだとやっていけないぞ、みたいな。でも、そういう考え方って実はあんまり生産的じゃないんですよね。つまんない思いをして何かを成し遂げたところで、果たしてそれはみんなが面白いものになっているのかな、みたいな。

ー白井さんが以前のインタビューでおっしゃっていた自信をなくした時期とか苦労された時期の呪縛から解き放たれた感じがありますね。

そうですね。実際その時期も考えようによっては楽しむこともできたと思うんですよね。技術不足を指摘されてムカつくのはどこの国でも一緒だと思うし。「その音、いまいちだよ」と言われていい気持ちがする人はいないじゃないですか。でもそこでチャンスと捉えて、「あいつらを見返してやる」みたいな気持ちになれたら壁を乗り越えられるんじゃないかなぁって思えたら、アンプのつまみをひねる手の力も変わるというか。ものは考えようだなってアメリカに行って一番感じたことですね。現地でやってる他のバンドやオーディエンスを見ても刺激がありました。日本人なりの楽しみ方と現地の人たちの楽しみ方って違うんだなって。

ー日本だと様式美みたいな感じもありますしね。

日本はある種、形式張ってるのかなと思いましたよね。着替えてタオル巻いて準備してみたいな感じが。もちろん誰でも楽しみ方は自由なんでそこをどうこう言うつもりはないけれど。ステージの上から見ていると日本人は動きが一緒だなって思っちゃうし、それに対してアメリカ人は動きが自由だなって思うし。暴れているやつもいれば、静かに観ている人もいて、それがすごい発見で。楽しみに来ているんだなっていうのが伝わって来る。もちろん当日のアーティストの出来不出来によってリアクションが変わるから「クソつまらないじゃん、今日」みたいな正直な反応をすることもあるんでしょうけど。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年5月26日の音楽記事

次に読みたい関連記事「ニルヴァーナ」のニュース

次に読みたい関連記事「ニルヴァーナ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「前川清」のニュース

次に読みたい関連記事「前川清」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「キャンディーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「キャンディーズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。