RADWIMPS、三浦透子も参加のアルバム『天気の子』を7月に発売

RADWIMPS、三浦透子も参加のアルバム『天気の子』を7月に発売
新海誠監督最新作『天気の子』の劇中音楽を担当するRADWIMPSが、7月19日に同映画のサウンドトラックでもある最新アルバムをリリースする事を発表した。

すでに公開されている映画『天気の子』予報(予告篇)映像で使用されている「愛にできることはまだあるかい」を含む、主題歌となるボーカル楽曲5曲と、27曲の劇伴が収録されている。

さらに、2019年7月19日より全国公開される新海誠監督の新作『天気の子』の音楽をRADWIMPS担当することが先日発表されたが、その音楽に新たな試みとして、気鋭の女性ボーカル・三浦透子を起用していることが明らかになった。今回RADWIMPSと新海監督が再びタッグを組むにあたり、「お互い初めましての気持ちでやりましょう」「前回とは違うことをやりましょう」と話していたという両者。その言葉通り、だれもが予想していなかった「RADWIMPS×女性ボーカル」という新機軸に辿り着いた。

「僕ではない誰か女性の声で歌が入ってほしい」というRADWIMPS野田洋次郎の発案の元、1年ほどにも及ぶ期間をかけて、この映画の世界観を表現できる女性ボーカルを選定するオーディションが行われた。そして多数の候補者の中から、新海監督とRADWIMPSの心を掴んだのは、若手実力派として高い評価を得ている女優の三浦透子(みうら とうこ)。松井大悟監督の『私たちのハァハァ』(2015)で主演を務めるなど、映画やドラマではその表現力の高さが早い段階で注目されていたが、その唯一無二の歌声も耳目を集めることになるだろう。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年5月26日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。