ケイシー・マスグレイヴス、超満員の来日公演で魅せた虹色のエンターテインメント

ケイシー・マスグレイヴス、超満員の来日公演で魅せた虹色のエンターテインメント
5月20日、ケイシー・マスグレイヴスが東京・恵比寿のリキッドルームにて単独来日公演を開催した。最新アルバム『ゴールデン・アワー』(2018年)が第61回グラミー賞にて「年間最優秀アルバム」を含む4部門で最多受賞を果たした直後のパフォーマンスとあって、チケットは完全ソールドアウト。外国人やLGBTQのオーディエンスも数多く駆け付け、ポジティヴなパワーと笑顔に溢れた当日の模様をレポートする。

まずは、昨年のフジロック・フェスティバル出演時と同じく茶色のスーツで揃えたバック・バンドが登場。そして彼らが作り出すサイケデリックで幻想的な空間に誘い込まれるように主役のケイシーが現れると、オーディエンスからはアイドルを待っていたかのように熱を帯びた歓声が起こった。『ゴールデン・アワー』のオープニングを飾る「スロウ・バーン」でスタートし、序盤はアルバム収録のミドルテンポなナンバーが続いたのだが、シングル・カットされていない曲でさえ大合唱が何度も起こるなど、リリックを何度も読み込んでいた筆者でさえ、ファンのリアクションの温かさに思わず驚いた。

ケイシー・マスグレイヴス、超満員の来日公演で魅せた虹色のエンターテインメント


ケイシー・マスグレイヴス、超満員の来日公演で魅せた虹色のエンターテインメント

Photo by @_24young_

この日のライブは、我々がケイシーに熱狂せずにはいられない理由を露わにしてくれたと思う。《私は大丈夫、ゆっくり燃えていけば/私のペースで世界を変えていくの》――「スロウ・バーン」でそう歌うケイシーは終始笑顔を絶やさなかったし、MCでは突然「隣の人とハイ・ファイヴしちゃって!」とオーディエンスに呼びかけるなど、とにかくマイペースだ。その「我が道を行こう」というモットーが歌にも現れた終盤の2曲は、セットリストの中でも特に象徴的だった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. フジファブリック 山内総一郎
  2. フジファブリック 映画
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年5月30日の音楽記事

「フジファブリック + 山内総一郎」のおすすめ記事

「フジファブリック + 山内総一郎」のおすすめ記事をもっと見る

「フジファブリック + 映画」のおすすめ記事

「フジファブリック + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「Superfly」のニュース

次に読みたい関連記事「Superfly」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。