米イリノイ州、嗜好品としての大麻解禁へ

米イリノイ州、嗜好品としての大麻解禁へ
現地時間5月31日、米イリノイ州で嗜好品としてのマリファナ(大麻)合法化法案が可決された。法案はこの後J.B.プリツカー州知事に提出される。シカゴ・サン・タイムズ紙によれば、州知事はすでに法案に署名する計画だと発言していることから、イリノイ州は嗜好品として大麻使用を合法化する11番目の州となるものとみられる。

大麻規制課税法が制定されれば、2020年1月1日より21歳以上のイリノイ州居住者は30グラム以内の大麻花冠、5グラム以内の濃縮大麻、または500ミリグラム以内のテトラヒドロカンナビノール(THC)を含む大麻製品を購入および所有することが法律で認められる。

法案には、30グラム以内の大麻が絡む推定80万件の有罪判決を犯罪記録から抹消するという社会公正条項も盛り込まれている。30~500グラムの大麻絡みの有罪判決の場合は、個人または州検事局が裁判所に上訴できる。

課税に関しては段階税率が導入される。THC含有量が35%未満の大麻花冠の場合は税率10%、大麻含有製品は20%、THC含有量が35%以上の大麻製品は25%の税率が適用される。これとは別に州の売上税6.25%が加わる他、各自治体から3.5%の追加課税が適用される場合もあると、大麻関連サイトMarijuana Momentは報じている。

合法大麻による収入のうち、35%は州の一般歳入に割り当てられ、25%は新設されるコミュニティ復興費として、差別的な麻薬政策で被害を被ったコミュニティに給付金という形で分配される。また20%はメンタルヘルスおよび薬物依存治療費に、10%は未払債務の補填に、8%が警察の

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。