ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンが『X-MEN』最新作に出ていない理由

ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンが『X-MEN』最新作に出ていない理由
X-MEN』シリーズの代名詞ともいえる、ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンが最新作には姿を見せない理由とは? 本作の監督、サイモン・キンバーグが語る。

スーパーヒーロー作品で映画業界が入り乱れる前の2000年、第1作目の公開で始まった『X-MEN』シリーズから『デッドプール』を除く全作品に共通することがひとつある。ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンとして出演していたことだ。だが、6月7日に全米で劇場公開する『X-MEN:ダーク・フェニックス』は、その例外となる。

ジェームズ・マンゴールド監督による傑作『LOGAN/ローガン』が2017年に公開された際に、ジャックマンがウルヴァリンに別れを告げたことだけがその理由ではないらしい。

「ジャックマンは、2016年の『X-MEN:アポカリプス』では出番が少なくても出演したことを踏まえると、今作のタイムライン上にもちゃんとはまり込む場所があってもおかしくなかった」とキンバーグ監督は指摘する。だが、問題が他にあった。コミックス原作『X-MEN:ダークフェニックス・サーガ』では、ウルヴァリンはジーン・グレイ(ダーク・フェニックスになってしまうX-MENのメンバーで、映画でこの役を演じるのは『ゲーム・オブ・スローンズ』で有名になったソフィー・ターナー)に恋に落ちてしまう。ところが、2006年公開の出来栄えの良くない『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』では、サイクロップスとウルヴァリンとジーンの間の三角関係があからさまに描かれている。「『ダーク・フェニックス・サーガ』のストーリーを知っていれば、きっとローガンとジーンの2人のラブストーリーを映画の観客に見せたくなる」とキンバーグは語る。「それに、ヒュー・ジャックマンは年齢の割には素晴らしいルックスだが、ソフィー・ターナーと2人で一緒にいる姿を想像しても、なんだが僕にはそれがしっくりこなかった。みんなもそう思うはずだ」

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ダニエル・クレイグ」のニュース

次に読みたい関連記事「ダニエル・クレイグ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エディ・レッドメイン」のニュース

次に読みたい関連記事「エディ・レッドメイン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ダニエル・ラドクリフ」のニュース

次に読みたい関連記事「ダニエル・ラドクリフ」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月6日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。