モー娘。ライブの舞台裏 PAが引き立てるメンバーの「歌」

モー娘。ライブの舞台裏 PAが引き立てるメンバーの「歌」
20周年イヤーを駆け抜けてきたモーニング娘。19が、令和初となるシングル「人生Blues / 青春Night」をリリースした。Rolling Stone Japan vol.06に掲載された特集「スタッフとメンバーが初めて明かすモーニング娘。19ライブの舞台裏」の中から、今回はPA担当・渡邉栄一 (MSI JAPAN)氏の記事をお届けする。

PAの仕事で一番重要なのは、ヴォーカルや楽器の音のバランスを取り、最良の音量で観客の耳に届けること。極端な話、PAがいなければステージ上の音は一切拡張されない。特にモーニング娘。19のPAを務める渡邉氏の仕事は、11人のヴォーカルの音量バランスをリアルタイムで調整するなど、12人目のメンバーとも言うべきハードさ。そんなモーニング娘。19サウンドの門番にじっくり話を聞いた。

歌いやすい環境を整える

ー渡邉さんはモーニング娘。のお仕事にどれぐらい関わっているんでしょうか?

渡邉 春と秋にツアーがあって、夏と冬はハロー!プロジェクトのコンサートがあって。それ以外にもツアーのリハがあるので、一年中一緒に動いている感じです。

ーリハから参加しているんですね。

渡邉 そうですね。僕はお客さんに向けてのスピーカーから出る音の調整をしているんですけど、メンバーに向けての、いわゆるモニターと言われるスピーカーの調整をする人と、大阪さんが担当しているマニピュレーターがリハからずっと入っていて、そこで調整したものをコンサートに持っていく感じです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年6月15日の音楽記事

次に読みたい関連記事「前川清」のニュース

次に読みたい関連記事「前川清」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「キャンディーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「キャンディーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュース

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。