レッド・ツェッペリンの成功から見る、音楽レーベルのストリーミング活用法

レッド・ツェッペリンの成功から見る、音楽レーベルのストリーミング活用法
ストリーミング時代に対応するためレコード会社は、レッド・ツェッペリンをはじめとする往年のアーティストのヒット曲から再び利益を得ようとしている。そのやり方はより独創的になっている。

「今はカタログ市場にとても注目すべき時期だ。…時には、我々がどうやって火のないところに煙を立たせるかが問題となる」
—ティム・フレイザー=ハーディング/ワーナー・ミュージック・グループ(President, Global Catalog, Recorded Music)

50周年を迎えたレッド・ツェッペリンのファンが、お気に入りの古いTシャツやホコリをかぶった懐かしいツアー写真をあさっている頃、ワーナー・ミュージック・グループでは、ティム・フレイザー=ハーディングのチームがある戦略を練っていた。

ワーナー・ミュージック・グループでレコードのグローバルカタログ管理を取り仕切るフレイザー=ハーディングは、同社の持つ莫大な往年の楽曲の宝庫に関するマーケティング戦略を任されている。コレクションの中には、ここ数十年間のビッグヒットのほか、売れなかった曲や未発表曲、全く無名の作品まで含まれる。レッド・ツェッペリンの50周年にあたり、同チームは「ロゴ・ネーム・ジェネレーター」の提供を開始した。その名の通り、利用者が入力した名前をバンドオリジナルのフォントでロゴイメージとして自動作成する。さらに「プレイリスト・ジェネレーター」も同時公開。自分のお気に入りの楽曲を選んで並べたり、ジャック・ホワイトやロイヤル・ブラッドらアーティストによる選曲もチェックできる。これらシンプルな2つのデジタルノベルティは、バンドの50周年記念行事の一部にすぎない。30曲入りベストアルバムには、ファンが好みのカバーアートとプレイリストを作成し、ソーシャルメディア上で共有できる機能が付いている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年6月18日の音楽記事

次に読みたい関連記事「ニルヴァーナ」のニュース

次に読みたい関連記事「ニルヴァーナ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アイアン・メイデン」のニュース

次に読みたい関連記事「アイアン・メイデン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ピンク・フロイド」のニュース

次に読みたい関連記事「ピンク・フロイド」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。