チャーリー・ブリスが語るポップの真髄「惨めな体験をしても自分を信じること」

チャーリー・ブリスが語るポップの真髄「惨めな体験をしても自分を信じること」
ブルックリン発の4人組パワーポップ・バンド、チャーリー・ブリスにインタビュー。青春映画のようなバンド結成のいきさつ、ファウンテインズ・オブ・ウェインやストロークスといった音楽的ルーツ、サウンド面で大きな広がりを見せた2ndアルバム『Young Enough』の制作背景などを語ってもらった。

本人たちとのQ&Aに入る前に、簡単なイントロダクションを。チャーリー・ブリスは2011年に結成。日中はバリスタやバーテンダーとして働き、夜はリハーサルに勤しむ下積み時代をしばらく続けながら、2014年のデビューEP『Soft Serve』やスリーター・キニーのサポートなどで注目を集めると、2017年の1stアルバム『Guppy』でたちまちブレイク。紅一点のエヴァ・ヘンドリックスによる勝気なハスキーボイス、ウィーザーを想起させるメロディ、はち切れそうなテンションが詰まった同作は、パワーポップのファンを大いに歓喜させるとともに、低迷が続くロックシーンに新風を巻き起こした。

あれから2年、今年5月にリリースされた2ndアルバム『Young Enough』では、ロードやスーパーオーガニズムの近作をヒントに、より同時代的なサウンドへとアプローチ。持ち前のポップネスを継承しつつ、前のめり気味だった前作に対し、シンセを積極的に導入したスペイシーな音作りで新境地を切り拓いている。

ライターを長年やっていると、メール・インタビューの淡白な回答に泣かされるケースも少なくないが、チャーリー・ブリスはパソコンの画面がびっしり埋まりそうなほどの長文を届けてくれた(ここからも人柄が伝わってくるはず)。メンバー4人の自己紹介を兼ねた最初の質問を除き、エヴァが熱心に答えている。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年6月18日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。