カサビアンのサージ、ソロ・デビューアルバム『ザ・S.L.P』を8月30日にリリース

カサビアンのサージ、ソロ・デビューアルバム『ザ・S.L.P』を8月30日にリリース
カサビアンのギタリスト/ヴォーカリストとして知られるサージ・ピッツォーノが、ソロ・プロジェクト「ザ・S.L.P.」としてデビューアルバム『ザ・S.L.P』を8月30日にリリースすることが決定。合わせて、新曲「ノーバディー・エルス」の配信がスタートしている。

カサビアンではほぼ全曲の作詞・作曲・プロデュースを担当しているサージ。バンドとしては、2017年5月にリリースした6thアルバム『フォー・クライング・アウト・ラウド』以降楽曲をリリースしていなかったが、今年5月にサイド・プロジェクト=ザ・S.L.P.の始動を発表。同時にリリースされたカオティックなダンス・ロック・チューン「フェイバリッツ feat. リトル・シムズ」は、出会い系アプリで出会った相手との初めてのデート中に、頭を駆け巡るリアルな思いをシニカルに語った、サージのキャラクターが全面に出ているユーモラスな歌詞も注目を集めた。

本日解禁された「ノーバディー・エルス」は、「フェイバリッツ」とは対照的にミッドテンポでフィールグッドなハウス調のトラックに仕上がっており、ソングライター/プロデューサーとしてのサージの冒険心が垣間見れる1曲。8月30日にリリースされるフル・アルバムは、ヒップ・ホップ、サイケデリック・ファンク、ニュー・ウェーヴなど、様々なサウンドからのインスピレーションを取り入れた内容になるとのことで、トラックリストによると英ノーサンプトン出身のラッパーであるスロータイもフィーチャーされているようだ。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年6月21日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。