BiSHの生き様が「楽器を持たないパンクバンド」に投影された夜

BiSHの生き様が「楽器を持たないパンクバンド」に投影された夜
BiSHが2019年7月2日と3日にわたり、「LiFE is COMEDY TOUR」のセミファイナルとファイナルをZepp Tokyoにて開催した。グループ史上最多となる全14カ所22公演を巡ってきたBiSH。セミファイナル、ファイナル共にメンバーのハシヤスメ・アツコのソロデビュー曲を披露したり、ファイナルではBiSHが所属するWACKのアイドル育成プロジェクトWAggがオープニングアクトで登場したりするなど、満員の観客たちとともに盛り上がりを魅せたライブをレポートし考察する。

2019年4月よりはじまったBiSHのライブハウスツアー「LiFE is COMEDY TOUR」。約3カ月かけ全国14カ所21公演を行なってきた6人が見せたパフォーマンスは、BiSHが「楽器を持たないパンクバンド」であることを明確に示すものとなった。

本ツアーは、ハシヤスメ・アツコを中心としたコントがオープニングから約20分にわたり繰り広げられる異例の構成で行われてきた。全国を巡る中でハシヤスメのソロデビュー曲の振り付けを考えるというテーマが結実し、セミファイナル前日にはデビュー曲「ア・ラ・モード」のMVが公開。セミファイナル、ファイナル共に約20分のコントが繰り広げられ、他の5人をバックダンサーにソロライブを行なった。ファイナルでは、MVにも登場するマッチョ29のメンバーが登場。清掃員(※BiSHファンの総称)がピンクのサイリウムで会場を埋めつくすなど、コント流れにも関わらず会場が一体感を見せるという展開をみせた。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月4日の音楽記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。