エド・シーラン盗作訴訟の行方は、ツェッペリンの裁判次第

エド・シーラン盗作訴訟の行方は、ツェッペリンの裁判次第
音楽界で一二を争う話題の裁判ネタといえば、エド・シーランとレッド・ツェッペリンが訴えられている著作権侵害訴訟だ。そして今、前者の行方は後者の結果にゆだねられることになった。

マンハッタンの判事は今週、エド・シーランの「シンキング・アウト・ラウド」に対する訴訟に関し、9月に予定されていた陪審裁判を中止し、レッド・ツェッペリンの「天国への階段」に対する裁判の判決を待つと発表した。

2016年、エド・タウンゼントの遺族はエド・シーランの2014年の楽曲「シンキング・アウト・ラウド」が、タウンゼントが共作したマーヴィン・ゲイの1973年の楽曲「レッツ・ゲット・イット・オン」の主要なメロディ進行やリズムパートを借用したとして、エド・シーランを訴えた。一方レッド・ツェッペリンは、かの有名な「天国への階段」のオープニングがスピリットの1968年の楽曲「タウルス」をパクったとしてカリフォルニアのバンドから訴えられ、もう何年も泥沼化している。2件の裁判に共通する人物はいないものの、注目度に加え、訴状内容と時系列の類似性から審理保留にいたった。

法律専門誌Law360によると、タウンゼント対シーラン裁判を担当するルイス・スタトン判事は今週、両当事者とも「夏休みをとるべき」として、スピリット対ツェッペリン裁判の判決後に審議を再開すると述べた。もし「天国への階段」が――何年も判決が覆った後、9月に再審議が予定されている――アメリカ合衆国最高裁判所に上告されるようなことにでもなれば、「シンキング・アウト・ラウド」裁判も2020年まで延期されることになる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月9日の音楽記事

次に読みたい関連記事「スティーヴィー・ワンダー」のニュース

次に読みたい関連記事「スティーヴィー・ワンダー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「はっぴいえんど」のニュース

次に読みたい関連記事「はっぴいえんど」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ザ・フー」のニュース

次に読みたい関連記事「ザ・フー」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。