実在しない漫画の1コマを依頼する:スカート最新アルバム『トワイライト』アートワーク制作秘話

実在しない漫画の1コマを依頼する:スカート最新アルバム『トワイライト』アートワーク制作秘話
どのような言い方をしても無茶な発注をすることになる場合、素直にそのまま言ってしまうのが最善…。トーベヤンソン・ニューヨークのギタリスト、アートディレクター/デザイナー森敬太による連載「リアリティ・バイツ」。第4回は、7月19日に渋谷クラブクアトロでリリースツアーファイナルを迎えるスカートのメジャー2ndアルバム『トワイライト』について。森が手がけたアートディレクション/デザインの裏側が明かされます。

※この記事は2019年6月25日に発売されたRolling Stone Japan vol.07に掲載されたものです。

天高く跳ね上げられた締切が乗った天秤の皿、接地したもう片方の皿に乗っていたのは4週間前に録画したアド街飯能特集だった。我々が巣をかける時空ではそんな光景も存在しうるのです。締切という名の赤黒い鎖を絡ませた足取りで沼地を這い回って10年と少し、常時肌に軋む鎖は片手では収まらない数になり、両足に足かせが食い込もうとも体感質量はもはや自由自在。伝えられた締切から洒落にならないラインを反射的に逆算し鉄球を枕に極楽鳥の夢を見る、これこそが締め切り型人生の醍醐味よガハハハハと独房に響く笑い声、手の平に食い込む爪、鉄仮面の内側で頬を伝う一筋の涙。そのような心象風景と共に横になったり縦になったりしながら小石を積んでいたんですが、本当に危険な空気を魂が察知すると流石に体が勝手に机に向かいます。そのタイミングで完全に目測を誤っていたという絶望感に襲われたのがいまから1時間前、震える体を引きずりミスドにセルフ監禁状態を完成させたのが15分前です。3カ月に1回ペースでこのコラムを書く以外はまとまった文章を書かない私の習慣だと3カ月毎に何も書けない素人に戻り途方に暮れてしまうということに気づかされた巨大な負のエウレカ感と向き合いつつ味のしないアイスコーヒーを吸い、どうしてこんなことになってしまったのか救いの無い脳内検索を繰り返しています。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月18日の音楽記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。