高速道路のジャンクションのような構造、鳥居真道がファンクの金字塔を解き明かす

高速道路のジャンクションのような構造、鳥居真道がファンクの金字塔を解き明かす
ファンクやソウルのリズムを取り入れたビートに、等身大で耳に引っかかる歌詞を載せて歌う4人組ロックバンド、トリプルファイヤーの音楽ブレインであるギタリスト・鳥居真道による連載「モヤモヤリズム考 − パンツの中の蟻を探して」。クルアンビンの楽曲を考察した前回に続き、第2回となる今回はファンクの金字塔でもある「Get Up (I Feel Like Being A) Sex Machine」を徹底考察します。

第2回目は当連載の副題「パンツの中の蟻を探して」のサンプリングソースであるところのジェイムス・ブラウンの代表曲でファンクの金字塔でもあるあの曲を取り上げたいと思います。そうです。「ゲロッパ!」でお馴染み、「Get Up (I Feel Like Being A) Sex Machine」です。野郎ども! カウントいくぞ! ワンツースリーフォー!

まず冒頭でJBが「野郎ども、おれはもう準備できてんぞ、おい!」と声に出して表明します。それに対してバンドのメンバーたちは"Goahead"やら"Yeah!"やら喚いて合いの手を入れます。いわゆるコール・アンド・レスポンスです。ちょっと待て。なんで演奏が始まる前のおしゃべりをいちいち取り上げるんだ。そんなことを思った人がいるかもしれませんが、なぜかと申せば、コール・アンド・レスポンスによる「あなたと呼べばあなたと答える山のこだまのうれしさ」こそがファンクのアンサンブルを形作っていると思うからです。コール・アンド・レスポンスというより細かいフレーズの掛け合い、絡み合いと言ったほうが正確かもしれません。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月19日の音楽記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。