『Kid A』から20年、トム・ヨークの音楽は今も「政治的」なのか?

『Kid A』から20年、トム・ヨークの音楽は今も「政治的」なのか?
日本盤が7月17日にリリースされる最新アルバム『ANIMA』を携えて、フジロック出演を目前に控えるトム・ヨーク。すでに各所でソロ最高傑作との呼び声高い同作を、「政治性」というアングルから読み解く。

6月20日に突如デジタル配信でリリースされたトム・ヨークの最新ソロ・アルバム『ANIMA』。前々作『The Eraser』(2006年)、前作『Tomorrows Modern Boxes』(2014年)と比較して、ダンス・ミュージック的にループするビートがより研ぎ澄まされているのがサウンド面での大きな特徴だろう(そのフィジカルなビートは、後述するポール・トーマス・アンダーソン監督の短編映画とも関係してくる)。

では、『ANIMA』という作品がどのようなことを表現していて、トムのどんなモードを映し出しているのか? 本稿では、その点を彼の政治的な問題意識から考えてみようと思う。

レディオヘッドとトム・ヨークの音楽を、トムの内面性や憂うつさが反映されたもの、と見る向きは多い。バンドとトムの音楽を評するときに頻出するワードは”anxiety(不安)”や”anxious(不安な)”といったものだろうし、それは今回届けられたトムの最新作『ANIMA』に関しても同様だ。むしろ、彼の不安の表現はここにきて一つの極点を記録し、完成されたと言ってもいい。トム独特の声質やボーカル・スタイルもそれには大いに関係しているだろう。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月19日の音楽記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。