スティーリー・ダン、ウォルター・ベッカーの機材がオークションに出品

スティーリー・ダン、ウォルター・ベッカーの機材がオークションに出品
ジュリアンズ・オークションが開催するオークションでは、スティーリー・ダンの独創的な1977年のアルバム『彩(エイジャ)』のギターや、ヴィンテージのレコーディング機材が目玉商品となる。

米オークションハウス、ジュリアンズ・オークションが10月18日と19日の2日間にわたって開催するイベントにスティーリー・ダンの共同創業者・共同作曲者のひとりであり、ギタリストでもある故ウォルター・ベッカーの音響機材のコレクションが出品される。エレキギター、音響機器、レコーディング機材をはじめ、様々なアイテムが出品予定のオークションは、カリフォルニア州ビバリーヒルズのスタンダード・オイル・ビルディングと、ジュリアンズ・オークションのホームページで同時開催される。

オークションには、スティーリー・ダンの独創的な1977年のアルバム『彩(エイジャ)』のアルバム冊子にも登場する1957年製Fender Duo-Sonic、Sadowsky Signature Model #1、Bacon & Day Senorita S.6 Model、1936年製DAngelico Excelなどのギターやベースが出品される。各々のアイテムは、3000ドル(およそ32万円)から1万5000ドル(およそ162万円)ほどの価値が見込まれている。楽器に加えて、アンプ、スピーカーキャビネット、レコーディング機材なども出品される予定だ。

「当オークションハウスは、故ウォルター・ベッカーが愛した楽器や機材の類いまれなるコレクションを皆様にお届けできることをとても嬉しく思っています」とジュリアンズ・オークションの社長・CEOを務めるダーレン・ジュリアン氏はコメントを発表した。「唯一無二のサウンド、好奇心、知識、オーディオマニアとしてのレベルの高さを誇り、自らの音楽と創作を支えてくれる最高のサウンドスケープを見つけるため、楽しみながら実験を続けたウォルター・ベッカーは、伝説的な存在です。多岐にわたる今回の良質なアイテムのセレクションは、ウォルターのキャラクターを余すところなく反映するだけでなく、ウォルター・ベッカーが彼の世代においてもっとも才能に溢れた存在となり、すべてのミュージシャンと音のスペシャリストたちからも尊敬されるようになった証でもあります。」

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月19日の音楽記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。