フルカワユタカの表現と考察「2005年前後にフェスにいた人たちをどう楽しませるのかが大事」

フルカワユタカの表現と考察「2005年前後にフェスにいた人たちをどう楽しませるのかが大事」
DOPING PANDAの解散から7年が経った今、フルカワユタカの現在地はどこにあるのか?

フルカワユタカが4枚目となるアルバム『epoch』をリリースした。今作は、Base Ball Bear、安野勇太(HAWAIIAN6)、ハヤシヒロユキPOLYSICS)、原昌和(the band apart)といったミュージシャンとコラボした楽曲が多数収録されていることが話題となっているが、彼らとの共同作業を通じて再び開放されたフルカワの感覚と技術が、これまでで最も幅の広い楽曲群を送り出すことにつながった点が興味深い。さらに、フルカワは先日、音楽系YouTuberのセゴリータ三世のチャンネルに初登場し、軽妙なやり取りで多くのファンを驚かせた。

ジワジワとシーンの中心へと戻りつつあるフルカワの意識は、どういった状態にあるのだろうか――DOPING PANDAの解散から7年が経過した今、彼の現在地を探ってみた。

―音楽系YouTuberセゴリータ三世さんのチャンネルにフルカワさんが初出演したことがちょっとした話題になりましたが、フルカワさんのなかで宣伝について考え方が変わった部分があるんですか?

YouTuberのことは全然知らなかったし、興味があったわけでもないんですけど、これまでの宣伝……ただひたすらラジオや雑誌に出る、みたいなやり方にずっと疑問があったんです。もちろん、それを否定するわけじゃないけど、今、音楽を掘っているような若い子たちがそういったメディアを利用している実感があまりないんですよね。僕のファンは、僕が発信するインスタやTwitterを通じて出演情報を知ってラジオを聞いてるけど。それも確かに必要なことなんですけど、今はいろんなことが過渡期だと思うんですよ。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月19日の音楽記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。