グラミー賞の熟練プロデューサー、ケン・エンリッヒ氏が2020年を最後に引退

グラミー賞の熟練プロデューサー、ケン・エンリッヒ氏が2020年を最後に引退
長年グラミー賞のエグゼクティブ・プロデューサーを務めてきたケン・エンリッヒ氏が、2020年の授賞式をもって引退する。現地時間17日に発表した。

後任として『レイト×2ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン』のエグゼクティヴプロデューサー、ベン・ウィンストン氏が、2021年から音楽業界最大の夜を引き継ぐ。2020年の第62回グラミー賞授賞式は、エンリッヒ氏にとって40回目の授賞式となる。

「グラミー賞が現代の最高峰の音楽賞へ成長する過程に携われたことは、私のキャリアを飾る出来事のひとつです。レコーディング・アカデミー、CBSの関係者の皆さんには、40年も私のヴィジョンにご支援、ご信頼をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです」と、エンリッヒ氏は声明を発表した。

「また、長年授賞式に携わってきた良き仲間たち、そしてもちろん、毎年授賞式のステージで創造性と才能を発揮してくださる素晴らしいアーティストの方々とご一緒できて、私は本当に幸せ者です」

まもなく退任するレコーディング・アカデミーのニール・ポートナウCEO兼会長もコメントを寄せた。「グラミー賞と音楽業界に残したケンの偉業は、みなさまご周知のとおり、数々の伝説を生んだ業績やヴィジョンに現れています。私は彼の任期のほぼ半分を共に過ごし、彼のヴィジョンや類まれな音楽の知識を目の前で目撃してまいりました。彼は片時も情熱を惜しまず、実に見事な結果を出して、人々の記憶に残るグラミー賞の名場面を送り出してきました。40年という節目を共に祝うことができ、大変光栄です」

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月20日の音楽記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。