Nulbarich、初の韓国公演でツアーに幕「想像もしていなかった舞台に立っている」

Nulbarich、初の韓国公演でツアーに幕「想像もしていなかった舞台に立っている」
7月20日、Nulbarichが韓国・MUV HALLにて、「Nulbarich ONE MAN TOUR 2019- Blank Envelope-」のファイナル公演を開催した。

2月にリリースした3rdアルバム『Blank Envelope』を携え、3月より行ってきた国内10公演に台湾、韓国を含む全12公演にわたる彼らの過去最大規模のワンマンツアー。初の韓国単独公演は、幻想的な演出の中、ライブはJQのギタープレイと美声が響き渡った「Silent Wonderland」でスタート。「Lets go Korea!!」と勢いのある言葉を放った後に、「VOICE」へと移行するとドラムの正確なビートに乗せ、本ツアーを牽引してきた鍵盤を軸に盤石なアンサンブルを奏で、会場がたちまちNulbarichワールドに染められ上げていく。

Nulbarich、初の韓国公演でツアーに幕「想像もしていなかった舞台に立っている」


最初のMCではJQが来場者に向かって英語と韓国語、そして日本語を交え「ようこそ、元気ですか?」と挨拶すると、現地のオーディエンス、大きな歓声でその声に応える。中盤には、代表曲ともいえる「NEW ERA」「Sweet and Sour」をはじめ、彼らのライブではお馴染みの「On and On」で会場を大きく揺らし、会場内は一体感のある空気に包まれた。合間のMCでは再び韓国語で「韓国に来られて嬉しい」と感謝の気持ちを伝えライブは終盤へ。

その後もバンドの盤石な演奏を活かした、ほぼすべての曲が真新しいアレンジの楽曲で熱演。オーディエンスの耳を魅了した「Zero Gravity」「Supersonic」と極上のジャムセッションを2曲続けた後、拍手喝采で包まれる中、深い感謝の念と共に、「想像もしていなかった舞台に立っている。これからも僕らは止まらず、走り続けます。また会いましょう」と再会を告げ、『Blank Envelope』に収録されたアンセム・ソング「Stop Us

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月21日の音楽記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。