ニール・ヤング、1974年に披露した唯一となるライブ音源が公開

ニール・ヤング、1974年に披露した唯一となるライブ音源が公開
もっともダークでパーソナルなアルバムとなったヤングの『ON THE BEACH/渚にて』。1974年にニール・ヤングが同アルバムの収録曲を初披露したサプライズライブの唯一となる音源が公開された。その音源から当時を振り返る。

1974年5月16日、ニューヨーク・シティのライヴハウス、ボトムラインでのライヴも終わりというところで、ライ・クーダーとレオン・レッドボーンは「サプライズがあるから、もう少し付き合ってほしい」と観客に呼びかけた。時刻は午前2時15分。そこにギターを抱えた男がステージに現れた。「曲のタイトルは……えっと……タイトルはそうだな……『Citizen Kane Junior Blues』だ!」と言うと、ニール・ヤングは「Pushed It Over the End」のイントロを奏ではじめた。

いまから45年前の1974年7月19日にリリースされた、ヤングの内面を色濃く反映したアルバム『ON THE BEACH/渚にて』の楽曲が初披露された。ヤングがボトムラインで演奏したダークなタイトル曲「渚にて」、胸を締め付けるような切なさの「アンビュランス・ブルース」、カルト集団のリーダーとして惨殺事件を起こした犯罪者チャールズ・マンソンから着想を得た「レヴォリューション・ブルース」、そして「モーション・ピクチュア(フォー・キャリー)」の4曲は、これまでのヤングの楽曲とはまったく異なるものだった。「かなり暗い。ハッピーとは言えないものだ」と2002年のバイオグラフィー『Shakey: Neil Youngs Biography』(Anchor Books)のなかで、ヤングは同アルバムについて著者のジミー・マックドノーに語った。「あの頃は、自分が思い描いていたような結果にならなかったこと対して幻滅していたんだと思う。」

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月22日の音楽記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。