細野晴臣「CHOO-CHOOガタゴト」はおっちゃんのリズム前哨戦? 鳥居真道が徹底分析

ザ・バンドの曲にはイーブンとシャッフルが混じったアンサンブルのものがあります。例えば「Up On Cripple Creak」です。低音を担うドラムのキックとベースはかすかにハネていますが、その他の楽器はあまりハネていません。本当に微妙なグルーヴの曲です。ちなみにリヴォンは「Up On Cripple Creak」はダンサブルにしたかったからハーフタイムで演奏したとインタビューで語っています。さらに、同じ手法を「The Weight」でも使ったとも言っています。また「The Night They Drove Old Dixie Down」はハーフタイムのシャッフルだといえます。

ハーフタイムというのは端的に言えば、テンポを半分で取ることです。BPMが180であれば90と解釈して演奏するということになります。歌のテンポはそのままにして演奏だけ半分のテンポにするといえばわかりやすいでしょうか。ウーン? と思った方は、ロックンロールの代表選手、ジェリー・リー・ルイスの名曲「Great Ball Of Fire」をジョー・ママという個人的にとても贔屓にしている70年代前半のバンドがハーフタイム・フィールでカバーしているのでそのふたつを聴き比べてみてください。

さて、「Up On Cripple Creak」のドラムは本人が言うようにダンサブルで非常にファンク的だと感じます。この曲は「ファンク再生工場」という側面も有したヒップホップのトラックメイカーにも取り上げられています。ギャング・スターのDJプレミアがこの曲をサンプリングして作ったのが「Beyond Comprehension」という曲です。DJプレミアといえばハネたキックが特徴です。

この記事の画像

「細野晴臣「CHOO-CHOOガタゴト」はおっちゃんのリズム前哨戦? 鳥居真道が徹底分析」の画像1 「細野晴臣「CHOO-CHOOガタゴト」はおっちゃんのリズム前哨戦? 鳥居真道が徹底分析」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

細野晴臣のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「細野晴臣」に関する記事

「細野晴臣」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「細野晴臣」の記事

次に読みたい「細野晴臣」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク