サマソニ現地レポ The 1975が大観衆に見せつけた、世界最高峰のロックバンド像
拡大する(全7枚)
日が暮れ始めた18時、マリンステージではThe 1975の出番が近づいてきた。台風10号の影響で屋外は風が強いものの、東京会場の天気は上々。スタジアムは超満員で、イギリスが世界に誇るバンドの登場を待ち受けている。

昨年11月にリリースした3rdアルバム『A Brief Inquiry into Online Relationships』がデビュー以来3作品連続となる全英1位を獲得し、来たる2020年には3rdと合わせて二部作となる新作『Notes on a Conditional Form』のリリースを予定しているThe 1975。今まさに乗りに乗っている彼らのライブは、3rdのオープニング曲「The 1975」をSEとしてスタート。そのリリックがスクリーンに映し出されるたび、オーディエンスから大きな歓声が上がる。バンドメンバーが登場して「Give Yourself a Try」を演奏し始めると、会場は早くも大きくうねり始めた。

サマソニ現地レポ The 1975が大観衆に見せつけた、世界最高峰のロックバンド像

Photo by Kazushi Toyota

サマソニ現地レポ The 1975が大観衆に見せつけた、世界最高峰のロックバンド像

Photo by Kazushi Toyota

サマソニ現地レポ The 1975が大観衆に見せつけた、世界最高峰のロックバンド像

Photo by Kazushi Toyota

やはり、観衆の視線を一身に浴びているのは、プレイステーションのロゴ入りキャップと上着を着て登場したマシュー・ヒーリー。少しでも動いて声を発するたびに会場中の女性から黄色い声が上がるほど、彼の存在には特別なカリスマ性が宿っている。続く「TOOTIMETOOTIMETOOTIME」からは、サポート奏者とダンサーがそれぞれ2人ずつ登場。トロピカルハウス譲りの陽性ビートに合わせて、ダンサーと

この記事の画像

「サマソニ現地レポ The 1975が大観衆に見せつけた、世界最高峰のロックバンド像」の画像1 「サマソニ現地レポ The 1975が大観衆に見せつけた、世界最高峰のロックバンド像」の画像2 「サマソニ現地レポ The 1975が大観衆に見せつけた、世界最高峰のロックバンド像」の画像3 「サマソニ現地レポ The 1975が大観衆に見せつけた、世界最高峰のロックバンド像」の画像4
「サマソニ現地レポ The 1975が大観衆に見せつけた、世界最高峰のロックバンド像」の画像5 「サマソニ現地レポ The 1975が大観衆に見せつけた、世界最高峰のロックバンド像」の画像6 「サマソニ現地レポ The 1975が大観衆に見せつけた、世界最高峰のロックバンド像」の画像7