ウィーザー『ブルー・アルバム』知られざる10の真実

ウィーザー『ブルー・アルバム』知られざる10の真実
SUMMER SONIC 2019でライブバンドとしての成熟ぶりを見せつけたウィーザー。メンバーの対立、カバー写真の裏話、リック・オケイセックのヒット曲への嗅覚まで、彼らが1994年に放った傑作デビューアルバムにまつわる10のトリビアを紹介する。

25年前にウィーザーがデビューアルバムをリリースした時、メンバーのリヴァース・クオモはコミュニティ・カレッジに通う学生だった。「学校にアルバムを持っていって見せびらかしたよ」彼は1995年のインタビューでそう語っている。「みんな素っ気なかったけどね。『ふうん、いいね』みたいな感じでさ」

彼のクラスメイトたちとは異なり、音楽業界は同作に大きな関心を示した。1994年5月10日に発表された『ブルー・アルバム』こと彼らのデビュー作は、カート・コバーンの逝去とグランジ黄金期の終焉を経験したオルタナロック界における一筋の光となった。クオモ、パット・ウィルソン、マット・シャープ、ブライアン・ベルの4人は、ビーチ・ボーイズ譲りの見事なハーモニーと、巨大なアンプとクランチーなディストーションペダルで飾った問答無用のフックの数々によって、エルヴィス・コステロのような”ロックスターらしからぬロックスター”となった。カーディガンやボウルカット、D&DやKISSのポスターに言及した歌詞、そして隠そうともしないオタクぶりは、バーゲンで買ってもらった初心者用の楽器を地下室で鳴らしていた若いMTVリスナーたちから絶大な支持を集めた。アルバムはチャートで最高位16位を記録し、アメリカだけで300万枚以上を売り上げた。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年8月26日の芸能総合記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら