映画『イエスタデイ』監督と脚本家が語る、今の時代に改めて伝えたいビートルズの音楽

映画『イエスタデイ』監督と脚本家が語る、今の時代に改めて伝えたいビートルズの音楽
拡大する(全3枚)
遂に日本公開を開始した映画『イエスタデイ』。ビートルズの名曲たちを若い世代に届けるという課題から、エド・シーラン起用の背景まで、監督のダニー・ボイルと脚本家のリチャード・カーティスがローリングストーン誌に語ってくれた。

【注:文中にネタバレを想起させる箇所が登場します】

ビートルズというバンド、そして彼らが残した名曲たちの存在しない世界を想像してみて欲しい(「イマジン」にちなんだダジャレではない)。ダニー・ボイル(『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』)が監督を、リチャード・カーティス(『フォー・ウェディング』『ラブ・アクチュアリー』『ブリジット・ジョーンズの日記』『ノッティングヒルの恋人』)が脚本を手がけた映画『イエスタデイ』(10月11日全国ロードショー)では、まさにそういう世界が舞台となっている。ヒメーシュ・パテルが演じる売れないシンガーソングライターのジャックは、世界中が謎の大停電に見舞われた12秒間の間に、バスにはねられるという交通事故に遭ってしまう。彼が目覚めると、人々の記憶からファブ・フォーの存在が消滅してしまっていた。ジャックは彼らの音楽を自分の曲として発表し、瞬く間にスターダムを駆け上っていく。

その過程でジャックは、本人役で登場するエド・シーラン(自虐的な演技は賞賛に値する)との共演を果たす。また彼は、幼馴染で現在は彼のマネージャーを務めるエリー(『ダウントン・アビー』『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』等で知られるリリー・ジェームズが演じる)に恋をする。ジャックのキャリアと恋が交互に描かれる展開について、カーティスは「ジャグリングみたいなもの」としながらも、両テーマは互いに支え合っていると主張する。「僕らがみんなペテン師だっていう考え方は主なテーマのひとつだ」彼はそう話す。「でも同時に、僕はラブストーリーを書きたかった。どんなことがあろうとも、結局愛に勝るものはないんだよ」。

この記事の画像

「映画『イエスタデイ』監督と脚本家が語る、今の時代に改めて伝えたいビートルズの音楽」の画像1 「映画『イエスタデイ』監督と脚本家が語る、今の時代に改めて伝えたいビートルズの音楽」の画像2 「映画『イエスタデイ』監督と脚本家が語る、今の時代に改めて伝えたいビートルズの音楽」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク