『ターミネーター:ニュー・フェイト』映画評:サラ・コナーが世界を救う

『ターミネーター:ニュー・フェイト』映画評:サラ・コナーが世界を救う
拡大する(全1枚)
『ターミネーター2』から27年後の世界を舞台にした最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』がついに封切られた。この20年以上で窮地に陥った同シリーズの中で最高の続編を引っ提げて、リンダ・ハミルトンが戻ってきた。

【注:文中にネタバレを想起させる箇所が登場します】

「ターミネーター」のファンであれば誰でも話せることがある。ウェイトレスをしていたサラ・コナーは、ターミネーターという機械と敵対するレジスタンスの救世主となり、1992年公開の『ターミネーター2』のクライマックスでは、世界がディストピアンな瓦礫の山へと陥る原因のスカイネットの誕生を阻止し、30億人の命を救う。そして、仲間のロボットに対して信頼するようになり、アンドロイドでも思いやりを学べると気づいたことで、岩のように硬い腕の筋肉ではないにしても、彼女の心がほぐれた。最後には、サラは息子のジョンと一緒に未知なる未来へと駈け向かい、一時的ではあるが人類は絶滅から免れた未来を手に入れる。そして、幕が閉じる。

ところが、我々のこのヒロインが防げることができなかったことがある。「ターミネーター」シリーズが、続編を何度も放出できてしまう希望のない時間軸を作り出して、映画のブランド力を”希薄化”したことだ。間違いなく、『ターミネーター3』(2003)、『ターミネーター4』(2009)、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(2015)を擁護する人たちもいる。また、短命で終わってしまったTVドラマ『ターミネーター:サラ・コナー・クロニクルズ』には献身的で熱狂的なファンもいるようだ。しかし、全体的に金儲けをしようとする感じが続編には立ち込めていて、大きな反響を生み出したジェームズ・キャメロンによる初期2作品で確立した世界(その世界をターミバース、もしくはTCUと名付けていいだろうか?)の中に本来のものとはかけ離れた作品が行き交ってしまっている。その状況下で、我々は救世主を必要としていた。その人物は歴史の流れを変えられる者であり、その結果、シリーズの新作が発表されても、やじや厳しい皮肉が誰の心にも湧き上がることはない。サラ・コナーよりも我々を救える最適の人物はいるだろうか? 窮地に陥った映画シリーズよ、もし生きていたいのであれば、彼女について行くんだ!
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ターミネーター」に関する記事

「ターミネーター」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ターミネーター」の記事

次に読みたい「ターミネーター」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク