「Yamaha Acoustic Mind 2019」レポート、アコースティックの可能性を広げた一夜

「Yamaha Acoustic Mind 2019」レポート、アコースティックの可能性を広げた一夜


続いてのセッションシーンでは、Anlyと磯貝、ISEKIの3人で「Parade」を、更に大石も呼んで4人でキマグレンの名曲「LIFE」を演奏する。ここまでのステージでギターの紹介や各々のプレイを見てきたことで、アコースティックという楽器の個体差やプレイの多様さに注目して聴き込んでしまう。情熱的なアルペジオとかき鳴らすバッキングのISEKI、まとまったテクニックとまろやかさを押し出したプレイの磯崎サイモン、近代的な技法も取り入れてアコースティックの可能性を感じさせるAnly、そして変則的で指板上を自在に動き回る大石昌良、イベントタイトル通りのそれぞれのアコースティックマインドがぶつかり合う姿に筆者は心を打たれた。会場からも手拍子と歓声が止まらなかった。

その後は大石昌良がステージに残る。「大石昌良の弾き語りエンターテイメントの幕開けでーす!」の一言と共に一曲目の「ピエロ」で演奏がスタート。大石1人のステージでバンドメンバーがいる体でトランペットの音色を再現したり、スキャットを披露したりと、正にエンターテインメントで会場を楽しませる。ギタープレイも、スラップ奏法などアコギでできるテクニックを総動員して、1本のギターからベース、ドラム、ギター全てのサウンドとリズムを鳴らしてみせる1人アンサンブルのテクニックの高さが際立った。「眼鏡ダーリン」ではメガネを掛けた客の中から1人をステージに呼び、掛け合いをしながらメガネを掛けてもらうというお馴染みの場面で笑いも誘うなど盛り上がり続け、手拍子が止まないパフォーマンスとなった。歌声にエフェクトを掛けながら、アコースティックギターをかき鳴らす不思議なマッチ感の楽曲「ボーダーライン」や、亡き祖父との思い出に心を込めて歌ったバラード「またこいよ」など表現の魅力に富んだパフォーマンスは、正にアコースティックギターでのエンターテインメントと呼ぶにふさわしい内容だった。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年11月13日の音楽記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。